モラブでお仕事探しをするならこちら IT未経験者はこちら
事業案内

給食費管理システム

給食費管理システムとは?

本システムは、幼稚園、小・中学校の給食費を調定から収納、滞納まで一元管理できるシステムです。
喫食者の情報管理から給食カレンダー登録、日々の欠食者管理などを行い、毎月の調定額の算出を行います。

そして、給食費の銀行振替の集計など、収納管理を行います。納付書や督促状の発行、滞納者管理まで学校給食に関する事務処理をトータルでサポートします。

S市(人口11万4千人)で使用されています!

本システムは、幼稚園、小・中学校の給食費を調定から収納、滞納まで一元管理できるシステムです。

給食費管理システムで問題解決!!

特徴

利便性を追及した画面構成

  • 児童や保護者情報を同一画面に表示し、賦課・収納・未納の状態を一目で確認できます。

  • 収納照会画面で納付書発行が行えるため、急な問い合わせにも迅速に対応できます。

  • 喫食者の入退所・転入転出処理、保護者変更等の異動処理も一画面で対応でき、異動履歴も容易に検索できます。

  • 学校・学年・学級行事の事前登録やインフルエンザ等による学校・学年・学級閉鎖にも対応します。

  • パン・米飯・副食・牛乳などのアレルギーによる給食費の減額にも対応。

  • 準要保護児童・減免・免除などの費用控除にも対応できます。

給食計画画面
給食計画画面
喫食情報画面
喫食情報画面

口座引落・納付書支払いに対応

  • 各金融機関の口座振替処理や納付書支払いにも対応しております。

  • 口座振替FDやOCR入金データの読込み機能を備えております。

喫食者情報画面
喫食者情報画面

スムーズな年度更新処理を実現

  • 在校生は、バッチ処理で進級処理が行えます。

  • 新年度に入学される児童情報の登録処理も、バッチ処理や専用登録画面でサポートしますので、事務作業も軽減されます。

収納管理画面
収納管理画面

給食費の管理に伴う一連の流れ

給食費の管理に伴う一連の流れ

システム相関図

給食費の管理に伴うシステムの動きです。
システム相関図

動作環境

OS Windows Server 2008以上 Windows7以上
CPU Windows Server 2008の場合
2GHz以上が推奨されています。
Windows7の場合1GHz以上が
推奨されています。
メモリ Windows Server 2008の場合
2GB以上が推奨されています。
Windows7の場合2GB以上が
推奨されています。
データベース DB2 ver9.7以上 DB2クライアント ver9.7以上
必須
ソフトウェア
Internet Explorer 8以上 Internet Explorer 8以上
ActiveReports Ver6以上
Microsoft Excel 2007以上
電話でのお問合せはこちら
ページの上部へ